fbpx
HOME > 引き出物お役立ち情報一覧 > 引き出物について > 知っておきたいギフトの基本マナー

知っておきたいギフトの基本マナー

結納

結納とは、日本特有の習慣として行われている
結婚する二人の約束を公にするための儀式。
近年、結納は簡略化されることも多いと聞きますが
婚約の証を儀式として執り行うことで、
お互いが誠意を示し、良い親戚関係を築くためにも
意義深い儀式と言えます。
Q:結納ってどんなもの?
A:結納品いは円満、長寿、子宝など繁栄を象徴する
いろいろな縁起物が揃えられています。
結納品には、各地方それぞれに特徴があります。
内容としては、長のし、金包み、鰹節、昆布、
するめ、友白髪、末広、柳樽料、目録の9品。
(地域によって異なります)を揃えるのが正式です。
男性側から女性側へ贈られる結納品は、「小袖料」
や「御帯料」と表書きされた金封に包みます。
特に金額が決められているわけではないので
本人の収入に見合った額を男性側が決めると良いでしょう。
 
Q:結納することが決まったら?
A:まず、どんな形で結納をするのか決めましょう。
日程としては、挙式の3~6ケ月前の大安吉日が好まれます。
場所は結納の方法や住まいの環境などによっても
変わりますが、一般的には女性の家で行うのが
最適です。両家が遠い場合などは中間の会場を借りて
行うのも良いでしょう。
 

ブライダル引き出物

 
Q:引き出物ってどんなものを贈ったらいいの?
引き菓子縁起物を合わせて贈ります。
金額は決まっていませんが、二人のために集まってくださった
ゲストへの感謝の想いを伝えるものですので
じっくりと選びたいものです。
3品でお贈りになる方が多いですが、地域によっては5品という
しきたりもございますので、両家のご両親様にも確認しておきましょう。
 
Q:引き出物でNGなものってある?
A:昔からの言い伝えとして、包丁やはさみは
「切れる=縁が切れる」ということで縁起が悪いとされてきました。
ですが、最近では包丁やはさみもキッチン用品の一つとして
選ばれることもあります。また、最近では、贈り分けをされる
新郎新婦も多いようです。相手の好みに合わせて
喜んでもらえる引出物を選びましょう。
 
Q:挙式後の内祝いはどんなものを贈ったらいいの?
A:内祝いは、結婚式から1か月以内くらいまでには
お届け出来るように準備をしたいものです。
内祝いは、カタログギフト・タオルが人気です。
弊社では、引き出物と同じように3品お選びいただき
内祝いとしてお届けする新郎新婦も多いですよ。
1品で豪華なものを贈ってもいいですし、2品や3品で
セットにしてご用意するのもいいと思います。
内祝いの場合は、熨斗の上書きを「内祝」として準備します。
ギフトにセットするあいさつ文も内祝いの定型文をご案内
出来ますので、遠慮なくご相談下さい。
 

【お悩みの新郎新婦様へ】

おススメの引き出物、カタログギフト・引菓子・縁起物・鰹節など

試食した感想をお伝えさせていただきます。

info@wedding-r.com    野口まで

ご相談いただければお返事致します。

 
 

引き出物お役立ち情報

エンジェル宅配について
コンシェルジュについて
メッセージカード・宅配BOX
引き出物宅配サービス
持ち込み宅配サービス
引き出物について
引き出物のマナー
引き出物の節約・コストダウン
引き出物の選び方
引き出物の贈り分け
引き出物マンガ
お客様の声【エンジェル宅配】
【結婚式】引き出物宅配 お客様の声 81番 エンジェル宅配
【結婚式】引き出物宅配 お客様の声 80番 エンジェル宅配
【結婚式】引き出物宅配 お客様の声 79番 エンジェル宅配
【結婚式】引き出物宅配 お客様の声 76番 エンジェル宅配
その他
引菓子
海外挙式、こだわりの挙式
カタログギフト【引き出物・内祝い】
縁起物・鰹節
結婚内祝い