ホーム > ブログ > 引き出物のマナー

引き出物のマナー

披露宴の引き出物を選ぶときの相場とマナーを知っておこう

2020年1月6日

披露宴の引き出物を選ぶときには

  • 予算
  • 贈る人の立場や関係性
  • 何を贈ると喜ばれるか

が重要になってきます。

 

引き出物は、結婚式や披露宴に招待したゲストに幸せをお裾分けする意味合いと同時に、ご祝儀に対するお返しの意味もこめられています。

 

引き出物選びのマナーと相場を抑えておくことが、引き出物選びで失敗しないための重要なポイントです。

結婚式になくてはならない引き出物の歴史

結婚式の引き出物は、昔、貴族が宴会を催した際に馬を招待客にお土産として贈ったことが起源とされています。

「引き出物」の「引き」という言葉は馬を引くことに由来しているのです。

その風習が現代の時代ニーズに合わせて商品を引き出物として贈るようになったとされています。

また、近代では結婚式の料理を招待客が自宅に持ち帰って、家族で食べるという風習もありました。

今では結婚式のお料理を持ち帰る風習はなくなりましたが、その代わりに引き出物に引菓子を付けて一緒に贈るようになったのです。

 

昔から結婚式は両家を結ぶ大切な儀式であり、参列していただいた方にも喜ばれるギフトを贈る習慣があるからこそ、マナーやしきたりを守り、ゲストに喜んでいただけるギフト選びをしたいものです。

平均的な金額は料理やいただくご祝儀の半額程度

引き出物の予算は、おおむね「料理の半額程度」「いただくご祝儀の金額の半額」が目安となっています。

一般的な引き出物の平均金額は5,000~6,000円が相場とされていますが、友人や上司、親族と分けて贈り分けする新郎新婦が増えてきています。

平均的な相場として

  • 親族…6,000円
  • 友人…3,500~4,000円
  • 会社関係…5,000円

を目安にして、メインになるギフトを選ぶとよいでしょう。

いただいたご祝儀が多すぎる場合には、結婚式の1か月後を目安に内祝いを追加で贈ることもマナーとして大切です。

その際にもいただいたご祝儀の半分から3分の1程度の金額を目安にして贈るのがベストです。

兄弟姉妹には引き出物は必要?

基本的には親と同居の兄弟姉妹には、引き出物は必要ないとされていますが、結婚式に招待した兄弟姉妹には記念に残るものを贈るカップルも多くいます。

また、兄弟姉妹の場合には、別途引き出物を用意するようにしましょう。

結婚式では、お祝儀を頂くことが予想される世帯ごとに引出物を用意すると考えておくと失礼はありません。

就職していない学生などは、親と一緒にお祝儀が来ることが予測されますので

引出物もまとめて1つ準備したらよいでしょう。

しかし、若くとも仕事をしている方をお招きする場合は

お祝儀は別に準備される可能性が高いですので引き出物は準備しておきましょう。

結婚式の準備をする中で、引き出物においては別に準備したほうがよいか

どうか?判断に悩まれる新郎新婦さまも多いようです。

この部分で節約してしまって、当日失礼してしまい

結婚式後に後悔してしまったと悩むことになるよりは

これからお付き合いが継続する大切なゲストだから!

という想いで、失礼がない準備をされる方が賢明だと思います。

引き出物はメインの引き出物、引菓子、縁起物の3品が主流

結婚式の引き出物を贈る場合、厳密に言うと品数は決まっていません。

最近では、引き出物と引菓子、縁起物の3品を贈るのが主流となっています。

高額なカタログギフトを一品だけ贈ることもマナー違反ではありませんが、参列者の方には「一品だけではマナー違反だ」「これだけ?」と受け止められることもあります。

その際には、カタログギフト以外にも引菓子を添えるようにすることで、喜んでいただけるはずですよ。

 

また割り切れる2という数字よりも昔から奇数よりも偶数が縁起が良いことから3の数を品数として贈るカップルも多くいます。

結婚式というハレの日だからこそ縁起を担ぐ意味もこめて、さらに引き出物を受け取った方にも豪華なものをいただいたという印象を与えることもできますよね。

 

また地域によっては2品あるいは5品という地域もあるので、地域のしきたりやマナーを事前に結婚式場に確認しておくことが大切です。

 

引き出物や引菓子以外の縁起物にも、その地域特有の風習があります。

鰹節以外にも赤飯や紅白饅頭など結婚式にふさわしい縁起を担ぐ商品や、地域の特産品などをプラスして品数を多くしたり、「重いもの」「大きなもの」を贈るのが習わしとされている地方もあります。

 

地域の風習がわからないという場合には、引き出物を購入する前に両親や結婚式場や引き出物ギフトのショップのスタッフに確認しておくようにしましょう。

人気の引き出物は?ゲストが喜ぶ引き出物を選ぼう

引き出物を選ぶときには、やはりゲストが喜んでくださるものを選ぶのがマナーです。

自分の好みやセンスに偏ることなく、相手のご家族やご趣味などに考慮しながら選ぶのがポイントです。

 

最近の引き出物では

  • カタログギフト
  • 食器
  • タオルなどの生活用品
  • キッチン用品や調理器具
  • インテリア用品

などを贈るカップルが多く、「ゲストに喜んでいただけるもの」「実用的なもの」を選ぶのが主流となっています。

 

引き出物を選ぶときに予算にしばられすぎたり、ゲスト全員が同じものになったり…というのは少し味気ないですよね。

日頃の感謝の気持ちをこめて、ゲストに合わせた引き出物をチョイスすることで、ゲストにも必ず喜んでいただけるはずです。

 

引き出物を結婚式場でそろえる以外にも、通販で選んで持ち込んだり、直接ゲスト宅へ贈ったりすることで選択肢の幅が広がります。

目上の人や親せきの方への引き出物に迷ったら

会社の上司や恩師、親せきの方など、年配の方に対しての引き出物は何を贈ったら喜んでいただけるか迷うところですよね。

ご祝儀を多く包んでくださるとわかっていても相場や金額までは、いただく前に知ることは難しいもの。

 

目上の方や年配の方に何を贈ったらよいか迷ったら予算や品物も含めて、ご両親や式場のスタッフ、ギフトショップなど信頼できる人に相談することが大切です。

エンジェル宅配では、引き出物のプロのアドバイザーが

在籍しています。遠慮なくご相談下さい。

きっとお悩みが解決できることと思います。

[公開日時] 2020年1月6日 19:30

いまさら聞けない引き出物のマナー

2019年10月26日

結婚が決まったら、結婚式や新居など決めることが多いもの。

日頃の感謝を伝える引き出物は

何を選んだらよいかわからないという方も少なくありません。

 

エンジェル宅配(引き出物宅配サービス)では

引き出物のプロである

専任アドバイザーが新郎新婦様一組に一人担当しているので

引き出物の選び方やマナーまで

サポートさせていただきます。

 

今回は引き出物を選ぶときに

気になるマナーをご紹介します。

引き出物選びの参考にしてみてください。

地方によって引き出物に違いがある

引き出物は贈る地域によって、品数も内容も異なります。

 

例えば、甲信越地方では3~5品が平均的ですが、

関東では2品ということもあります。

地域の特産品を引き出物に加える地域や

「重い」「大きい」「かさばるもの」が

結婚式の引き出物にふさわしいという風習が残っている

地域もあります。

引き出物の相場はどのくらい

引き出物の全国的な平均金額は

およそ6~7千円とされています。

上司や親せき、祖父母など目上の方の場合には

ご祝儀が多いことも考え、

平均相場よりも金額が高いものや

品数を多く用意するのがベストです。

贈り分けの相場についてはこちらに掲載していますのでご参考くださいね。

 

例えば、カタログギフトメインの引き出物

引菓子縁起物を加えてバランスを取る方法もあります。

どのようなものや金額のものを用意したらよいか迷う場合には

エンジェル宅配(引き出物宅配サービス)

専任アドバイザーにご相談ください。

上司と同僚は引き出物を贈り分ける

引き出物を贈る際には、昨今では贈り分けをする方が

増えてきています。

同僚や上司が同じものというよりも

贈るゲストの方に喜んでいただけるものや

使っていただけるものを

ライフスタイルやご家族構成、趣味などに合わせて

選ぶようにされると、さらにゲストに喜んでいただけます。

 

エンジェル宅配(引き出物宅配サービス)では

100人に100通りの贈り方ができるうえ

お好きな商品を持ち込んで

オリジナルの引き出物にすることが可能です。

また、老若男女問わず人気の高い引き出物をセットにした

究極のエンジェルセットなども

ご利用いただけます。

披露宴後にお祝いを頂いたら内祝いでお返しを

結婚の報告をしたら、お祝いを頂いたと

いうケースもありますよね。

 

結婚式が終わってから1か月以内を目安に

内祝いを贈るようにしましょう。

頂いた金額の約半額を目安に贈るようにしましょう。

 

エンジェル宅配(引き出物宅配サービス)には

引き出物に関するプロである専任アドバイザー

在籍しています。

 

引き出物でわからないことや

困ったことがあればぜひお気軽にご相談ください。

[公開日時] 2019年10月26日 10:15

ご夫婦で披露宴に招待するときの引き出物の選び方

2019年10月14日

結婚式や披露宴には親せきや上司、友達などご夫婦で

ご招待する場合もありますよね。

 

そんな時に引き出物をご主人のものだけにするのか

お二人分用意すべきか悩むこともあるでしょう。

 

結論から申しますと、

  • ご夫婦でお使いいただける引き出物
  • ワンランクアップした引き出物
  • プラスワンアイテムをお付けする

などの方法がございます。

 

ご夫婦で披露宴に招待した場合、

どのようなものをお選びになると

喜んでいただけるのかご紹介します。

引き出物はいただくご祝儀の額に応じて用意する

ご夫婦で披露宴にご参加いただく場合には、

一般的にご祝儀を多めにいただくことが多いもの。

 

たとえばご友人が3万円のご祝儀が相場としたら

上司のご夫妻は5万円くらいになる場合が一般的です。

 

ご夫妻でお越しいただく場合には、お席やコース料理は

2人前ご用意するので費用も2倍かかることになります。

そのため引き出物は必ず2人分ご用意しなくてはならないという

わけではありません。

ご夫婦で披露宴に参加される場合には引き出物をランクアップ

おひとりで披露宴にお越しいただく方と差をつけるなら

カタログギフトが便利です。

カタログギフトの金額をワンランクアップしたものをご用意して

ほかのゲストと差をつけることで、いただくご祝儀に見合った

引き出物をお送りすることができます。

 

 

 

 

 

 

例えば、ご友人には3,000円のご予算のカタログギフトを贈るのであれば

ご夫婦でお越しいただくゲストには、5,000円のご予算のカタログギフトにして

ほかの人と同じく引菓子や引き出物を同じくらいのご予算にして

お贈りすることで、独身の方との差をつけることができますよ。

品数を増やす、プラスワンアイテムで気持ちを伝える。

地域によっても異なりますが、一般的に引き出物は

奇数になる3品をご用意する方が主流となっています。

メインになる引き出物引菓子縁起物をセットにして

お贈りする方が多く、いただく方も豪華に感じていただけます。

 

ご夫婦で披露宴に参加される場合には

「お二人で来てくださってありがとうございます」という

感謝の気持ちも込めて、さらにもう一品プラスすることもおすすめです。

贈り分けするなら専任アドバイザーに相談を!

エンジェル宅配(引き出物宅配サービス)には

専任アドバイザーが一組に一人担当いたします。

 

100人に100通りの贈り分けができるのはもちろん

引き出物を1cm単位で梱包するので、

開けたときの感動も一緒にお届けいたします。

 

きっと喜んでいただける引き出物選びをされたい

ワンランク上の引き出物を贈りたいとお考えなら

エンジェル宅配(引き出物宅配サービス)にお気軽に

お問い合わせください。

[公開日時] 2019年10月14日 23:56

知っておいて損はない!引き出物にまつわるマナーあれこれ

2019年9月13日

結婚式は一生に一度のことだから

「間違えたくない「失礼のないようにしたい」

という方がほとんどでしょう。

日本には結婚式についてのマナーがあります。

 

知っておくと引き出物を選ぶときや

梱包を依頼するときに、意味を感じながら

贈ることができます。

 

引き出物を贈るようになった習わしと意味

引き出物は披露宴に欠かせないものですよね。

いつから引き出物があったか知っていますか?

 

引き出物を贈る習慣は平安時代からがあったとされています。

宴を開いた後のお土産として、馬を贈ったのが由来です。

「馬を引く」が引き出物の語源となって、現代に引き継がれています。

 

最近は引き出物が、披露宴に参列していただいたゲストへ

ご祝儀のお返しの意味が強いことから、結婚式には欠かせないアイテムと

なりました。

 

引菓子はもちろん引き出物と同じ「馬」がルーツになっています。

最近では、引菓子は新郎新婦の幸せをおすそ分けするという

意味や、ゲストのご家族へのお土産としての意味合いが強くなってきています。

 

古くはラクガンや紅白饅頭などを引菓子にしていましたが、

最近の人気はバウムクーヘンです。

バウムクーヘンの年輪を人生になぞらえ、長寿を意味していることから、

結婚式にもふさわしいお菓子ともいえるのです。

 

エンジェル宅配(引き出物宅配サービス)では

人気のバウムクーヘンも多数取り揃えておりますので

ぜひ、サイトやカタログでお選びください。

縁起物はどのような意味がある?

日本人はおめでたいハレの日には、

縁起を担ぐようにする習わしがあります。

縁起物は、鰹節の人気が高いのですが、

「勝つ+男+武士」と当て字をして縁起物として

扱われています。

 

エンジェル宅配(引き出物宅配サービスでは

地方のしきたりや、結婚式にふさわしい縁起物

バラエティ豊かにご用意していますよ。

引き出物につける熨斗と水引の意味

「熨斗」は「のしあわび(熨斗鮑)」の略称で、

お祝いの贈り物につけるものとされていました。

古くにはあわびを向いたものを引き伸ばし、

高価な贈答品として使われていました。

 

結婚式の熨斗は10本切りの「結び切り紅白」を選ぶようにします。

水引に結び切りを選ぶのは、一度きりの慶事だからですね。

紅白にするのは「結婚」にまつわることだからです

 

10本の水引を選ぶのは、より強いきずなで結ばれることを意味します。

 

熨斗の下には、新郎様、新婦様それぞれのご苗字で連名にします。

右が新郎様、左が新婦様のご苗字となります。

 

引き出物につける熨斗は、間違えがあってはならないもの。

マナーや熨斗などのご相談もお気軽に

専任アドバイザーにお尋ねください。

結婚式に向かない引き出物は?

以前は結婚式に向かない引き出物として

「縁が切れる」ことを意味する、刃物類(ハサミ、包丁など)

は避けていたこともありましたが、

今はそこまで厳密ではなくなってきつつあります。

 

もちろん引き出物などのしきたりを強く気にする地方や

ご年配の方の場合、気になさる方もいらっしゃるかもしれませんので

困ったときには、

引き出物のプロである専任アドバイザーにご相談ください。

 

内祝いを贈る時期はいつがいい?

結婚式で高額なご祝儀をいただいたり、

ご招待していない方にご祝儀やお祝いの品をいただいたときには、

内祝いをお送りするのがマナーです。

 

内祝いをお送りする場合、披露宴から1か月以内

目安とされています。

 

内祝いギフトも多数ご用意しておりますので、ぜひ

エンジェル宅配(引き出物宅配サービスにご用命ください。

[公開日時] 2019年9月13日 12:04

 │ エンジェル宅配HOME │ 

  • 2021年1月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • ご注文はこちら

    お問い合わせ・資料請求

    0120-98-7672 受付時間:10:00〜18:00(毎週日曜日除く)

    FAX:093-883-2868

    お問い合わせメールフォーム

    ご不明な点などお気軽にお問い合わせ下さい。

    ご不明な点などお気軽にお問い合わせ下さい。

    専任アドバイザー

    「1組に1人の専任アドバイザー」

    1組1人に専任アドバイザーが付き、最初から最後まで責任を持ってサポートいたします。

    専任アドバイザー

    詳細を見る

    式場様提携募集中

    お気軽にお問合わせ下さい。

    詳細を見る

    おもてなしセレクション2018受賞

    ネットショップグランプリ

    DBJファイナリスト